無添加の基礎化粧品というのはどんなもの?

最近、無添加基礎化粧品の人気が高まっているようですが、無添加基礎化粧品とはどのようなものなのでしょうか。
無添加基礎化粧品とは、一般的なイメージほど安全性が高いのでしょうか。
無添加とは、字義通りの意味なら何も配合されていないものです。
無添加基礎化粧品という表記自体は割とよく目にする記載の方法ですが、これだけでは何が無添加なのか書いてないも同じことです。
内容を理解せず、無添加という用語だけで安心できる基礎化粧品と判断はできません。
もともと、表示指定成分を配合していない基礎化粧品を無添加基礎化粧品といいました。
表示指定成分というのは1970年に厚生省がアレルギーを引き起こす可能性のある成分として指定したものです。
表示指定成分が配合されていない基礎化粧品が、無添加基礎化粧品ということでした。
ただし、この表示指定成分制度は薬事法改正によって2001年にはなくなり、全成分表示をすることが義務づけられるようになりました。
使われている成分を全て書くようになり、成分表示がわかりやすくなりました。
表示指定成分がなくなった以上、実質的には無添加という言葉は意味を失ったようなものですが、広告には未だによく登場します。
何をもって無添加と表現しているのかよくわからない基礎化粧品もあります。
無添加基礎化粧品といっても、成分はさまざまなのでしっかりと知識を持って選んだほうが良いでしょう。